2016年4月26日

アブサヤフに拉致されていたカナダ人男性の首が見つかる まだ3人が拘束中か? CNNより

フィリピンでカナダ人4人が2015年9月に観光地サマル島でアブサヤフ(Abu Sayyaf)に誘拐されていましたが、拉致されていた John Ridsdelさんの頭部が 4月25日夜にJolo, Suluで見つかりました。


アブサヤフはミンダナオ島を拠点としている反政府イスラム過激派で定期的に外国人を誘拐して身代金を要求しています。これは誘拐ビジネスですね。

要求している身代金は当初10億(約23.7億円)ペソでしたが、フィリピン政府が払わないので現在は3億(約7.11億円)ペソに減額しているそうです。

フィリピンのアキノ大統領は身代金を払わない方針ですが、事件の解決を軍・警察に指示しました。


指示をしてくれるのはいいですが、フィリピン政府は観光地のセキュリティを強化して誘拐事件が発生しないようにしてほしいものですね。








CNNフィリピンより
http://cnnphilippines.com/news/2016/04/26/Abu-Sayyaf-beheads-Canadian-hostage-John-Ridsdel.html


英文をGoogle 翻訳

(CNNフィリピン) - カナダのジョン・Ridsdel、昨年九月サマル島でアブサヤフ・グループ(ASG)によって誘拐4人質の1は、武装グループによって斬首されました。




CNNフィリピンによって得られた初期の警察の報告書は、切断された頭部が全く身代金が反乱グループによって設定された期限までに支払われなかった後に殺されたカナダの人質ジョンRidsdel、に属すると考えられていると述べました。切断された頭部は、月曜日の夜(4月25日)にホロ、スールーで発見されました。

火曜日の朝(4月26日)で、当局はRidsdelが実行されたことを確認しました。 「我々はカナダ政府にとASGの強盗の手の中に死亡したジョン・Ridsdelの家族に私たちの同情と哀悼の意を拡張し、「警察と軍は共同声明の中で述べています。

警察の報告書は、ナンバープレートのないオートバイに乗って2正体不明の男性が周りの午前7時35分午後でどこかにマリーナストリートに沿って切断された頭部、バランガイ城壁都市、ホロを投げたと述べました

「民間人がホロの市営ホールの近くに黄色の袋にそれを発見し、「武装フィリピン広報部長大佐ノエルDetoyatoの強制と述べました。

ホロ警察署長SUPT。 Junpikar座り込みはすぐに、サイトに行ってエリアを封鎖と、ヘッドがRidsdelに属し確認犯罪操作(SOCO)チームのシーンを通知しました。

飼育下の月
3他の人と一緒にRidsdelは2015年9月にサマル島に誘拐されました。

Samal_CNNPH.png

サマルに誘拐され、他にも、カナダのロバート・ホールでした。 Kjartan Sekkingstad、ノルウェー。そして、フィリピン人はMarithes「テス」フロール命名します。

アブ・サヤフ・グループは、最初に4人の人質のそれぞれについて、P1億を求めたが、4月25日に4月8日から、期限を移動した後、P300万人にそれを低下させました。

3人の男性は、2009年3月に循環ビデオに登場し、その誘拐者によって設定された1ヶ月の期限内に身代金を支払うことを自国政府に嘆願 - またはテロリストが彼らを殺すだろう。

関連:フィリピンの武装勢力によって保持された外国人捕虜が助けを訴えます

社長ベニグノ・アキノ3世は、以前のアブサヤフの期限次の犠牲者を救うためにすべての努力を発揮するために、警察や軍を命じました。

政府は、しかし、その何の身代金方針を維持しません。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース