2016年4月22日

マニラ国際空港ターミナル1の天井が崩落、さらに出発エリアのガラスも割れる、利用客が危機一髪 フィリピンのニュースあれこれより

世界最悪の空港でまたもや事件が発生しました。

突然ガラスが割れ、天井が崩落しました。

理由は近くのゲートの飛行機がエンジンを始動したから!?
との発表ですが、飛行機のエンジン始動でガラスが割れるっていつも使ってるターミナルなのにありえないです。

何か他の理由があるんでしょうね。

そもそもこの第1ターミナル、世界最悪の空港という悪評を返上するために長期にわたり改装工事をしていました。
間違いなく、この改装工事での手抜きが今回の事故に影響しているはずです。

ニノイ・アキノ国際空港が世界最悪の空港の座から抜け出す日はまだ遠そうですね・・・



フィリピンのニュースあれこれ より
http://philippinearekore.blog.fc2.com/blog-entry-719.html

マニラ国際空港ターミナル1の天井が崩落、さらに出発エリアのガラスも割れる、利用客が危機一髪





またマニラ国際空港でガラスが突然割れたり、

天井が崩落する事故が相次ぎました。

火曜日にターミナル1の出発エリアのゲート10近にある、

ガラス製の仕切りが突然割れる事故がありました。

周囲には多くの利用客がいましたが、

周囲には多くの利用客がいましたが、

幸いにも怪我人は出ませんでした。

当時、ゲート9とゲート10の旅客機がエンジンを始動させており、

その振動の影響でガラスが割れたと見られています。

さらに水曜日の午前10時ごろには、

免税店の天井が崩落する事故がありました。

免税店の店員によると、

崩落した場所からはエアコンの水漏れがあり、

これにより天井の石膏ボードがダメージを受けたと見られています。

また崩落した天井裏からは、

工事関係者が置き忘れたとみられる、

廃棄物入りのゴミ袋も回収されました。

空港当局は工事を担当した請負業者に、

直ちに修理するよう命じたということです。

Glass wall shatters, ceiling collapses at NAIA-1


先日、空港当局は風水師を呼んで悪運のお祓いをしたばかりですが、

あまり効果はなかったようです。

やはり不祥事の原因は悪運ではなく、

当局の杜撰な管理にあるあようです。

これだけ不祥事が続いていも安泰な責任者が羨ましいです。


0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース