2016年5月31日

ドゥテルテ新大統領がミスコン警官を身辺警護に任命 その評価は? プレジデントSPはミスアースフィリピン代表

ドゥテルテ新大統領がミスコン警官を身辺警護に任命 その評価は?プレジデントSPはミスアースフィリピン代表

フィリピンのドゥテルテ新大統領がミスアースコンテストに出場した事があるフィリピン国家警察所属の警察官ソフィア・ローレン・デリューさんを身辺警護に任命しました。


国家警察はドゥテルテ新大統領のために女性だけで編成した身辺警護チームを結成したそうです。


















ドゥテルテ新大統領は男女平等の方針を打ち出しており、その一環との事です・・・

2016年5月29日

フィリピン副大統領に現政権派閥の女性候補レニー・ロブレド氏が確定

フィリピン副大統領に現政権派閥の女性候補レニー・ロブレド氏が確定

フィリピンの副大統領がようやく最終決定しました。

当選したのは女性下院議員で現政権派閥の Leni Robredo レニー・ロブレド氏です。
故マルコス大統領の長男のフェルナンド・マルコス氏は僅差で敗れました。

https://en.wikipedia.org/wiki/Leni_Robredo より

投票日は5月9日でしたが、最終決定が27日と2週間以上も開票に時間がかかりました。


フィリピン副大統領選 最終結果
最終結果はともにレニー候補、マルコス候補共に1400万票近くを獲得してわずか20万票差という接戦でした。

TVでの開票時間がかかった理由は接戦だという事がありあますが、
開票に現政権が不正をしたのではないかという疑惑が持ち上がったためです。

マルコス候補自身は選挙管理委員会に開票のやり直しを要請し、マルコス氏支持者は抗議デモを行う事態になっていました。

なぜ、副大統領候補選が重要かをフィリピンのマルコス支持者に聞いたところ、こんな返答がありました。

『次の大統領デゥテルテ氏は暗殺される危険があるから、そうなった時に大統領になる副大統領は重要だ』

とても物騒な事を言っていました。


最終的にレニー候補の勝利で決着した副大統領選、後々の禍根の種にならないといいのですが・・・



日本経済新聞より

フィリピン副大統領にロブレド氏

2016年5月27日

フィリピンの犯罪者市中引き回しが新大統領公認に! 人権団体は反発も今後も継続予定

フィリピンの犯罪者市中引き回しが新大統領公認に! 人権団体は反発も今後も継続予定

婦女暴行犯人を市中引き回しして有名になったフィリピンのタナウアン市ですが、
今回、麻薬依存者を市中引き回しにしました。





人権団体からは人権侵害だという批判もあるそうですが、
ドゥテルテ新大統領はこの市中引き回しを行っているタナウアン市長を支持・支援すると発表しました。




Duterte inspired 'Walk of Shame' of Drug Addicts
in Public Tanauan, Batangas (May 18, 2016)

2016年5月24日

フィリピン次期政権、改憲によりTPP参加を希望し、実現できるという甘い見通し 他国を納得させる事ができるかは未知数

フィリピン次期政権、改憲によりTPP参加を希望し、実現できるという甘い見通し 他国を納得させる事ができるかは未知数

フィリピンのデゥテルテ新大統領の経済顧問アーネスト・ペルニア氏の発言で次期政権は
憲法改正を行い、TPPへの参加をしたいという意向を示しました。

フィリピンでアキノ政権が意欲を見せながらも果たせなかった環太平洋連携協定(TPP)への参加を、次期政権が実現する可能性が高まっている。TPP参加には憲法に規定された外資規制の緩和が必要だが、先の大統領選挙で勝利したロドリゴ・ドゥテルテ・ダバオ市長や国会が改憲に意欲を示しているためだ。23日付ビジネスミラーが伝えた。 ドゥテルテ氏の経済顧問で、次期政権の国家経済開発庁(NEDA)長官に指名されているアーネスト・ペルニア氏は、「ドゥテルテ氏はTPP参加に関心を持っているが、1987年憲法が障害になっている」と説明。憲法の外資規制を緩和できれば、参加への障害はなくなると強調した。 憲法改正については、「ドゥテルテ氏は8項目の経済政策の中に外資規制の緩和を挙げており、アキノ大統領の生ぬるいやり方とは対照的なアプローチを取る」と指摘。「1年以内に規制緩和を実行するだろう」との見通しを示した。


しかし、TPPは先行して加盟している12カ国全てが賛成をしないと後からの加盟はできません。すでに韓国はアメリカにTPPへの参加を打診して拒否されています。

憲法を改正してもTPPへの加盟ができるかは他国のルールを受け入れる土壌がフィリピンにあるかどうかと外交努力次第。

フィリピンがTPPへの加盟にこぎつける事はできるのでしょうか?


TPP追加加盟国は先行加盟国全ての賛成を得る事が
加盟の条件です
http://blog.livedoor.jp/kaigainoomaera/archives/45614383.html より




ヤフーニュースより
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160524-00000008-nna_kyodo-asia

【フィリピン】次期政権、改憲によりTPP参加を実現か

NNA 5月24日(火)8時30分配信
フィリピンでアキノ政権が意欲を見せながらも果たせなかった環太平洋連携協定(TPP)への参加を、次期政権が実現する可能性が高まっている。TPP参加には憲法に規定された外資規制の緩和が必要だが、先の大統領選挙で勝利したロドリゴ・ドゥテルテ・ダバオ市長や国会が改憲に意欲を示しているためだ。23日付ビジネスミラーが伝えた。
 ドゥテルテ氏の経済顧問で、次期政権の国家経済開発庁(NEDA)長官に指名されているアーネスト・ペルニア氏は、「ドゥテルテ氏はTPP参加に関心を持っているが、1987年憲法が障害になっている」と説明。憲法の外資規制を緩和できれば、参加への障害はなくなると強調した。

フィリピン最大手の銀行BDO、あおぞら銀と提携 あおぞら銀行顧客に対してM&A助言

フィリピン最大手の銀行BDO、あおぞら銀と提携 あおぞら銀行顧客に対してM&A助言 

BDOが日本のあおぞら銀行と業務提携しました。

BDOがあおぞら銀行の顧客に対してM&Aのアドバイスを行います。






日本経済新聞より

フィリピン・BDO、あおぞら銀と提携 M&A助言 

【マニラ=佐竹実】フィリピンの最大手銀行BDOユニバンクは23日、あおぞら銀行と業務提携した。あおぞら銀の顧客企業に対し、M&A(合併・買収)に関する助言や提携先の紹介などをする。BDOは日本の地方銀行と相次ぎ提携しているほか、東京に送金センターを開設した。日本の主要都市に拠点を持つあおぞら銀との提携により事業を広げる考えだ。

2016年5月23日

ドゥテルテ大統領学校の制服廃止を検討中 業界団体は早速猛反発

ドゥテルテ大統領学校の制服廃止を検討中 業界団体は早速猛反発

ドゥテルテ新大統領が学校の制服を廃止の検討をしています。


学校の制服が両親の負担になっている事が理由です。

でもこの方針には早速、学校の制服を製造販売している業界団体が大反対しています。






どの国でも何かを改革しようとすると既得権を脅かされる業界団体の反発がありますね。

学校について庶民はマルコス時代にあった学校の給食の復活も望んでいるようです。


市民団体に中には現アキノ政権が導入した学校12年制は負担が大きいとして元の10年制に戻すように主張する人たちも現れています。
でもこの学校12年制は本当に必要なんですよ。
以前は学校10年制でした。そして高校卒業が16歳。他の国に比べて高校卒業が2年早かったために、その分フィリピンの高卒者の学力が低いために、大卒でないと通常の就職はできないという社会構造になっていました。フィリピン人全体の学力を底上げするために他国と同じように高校卒業を18歳にしたのが学校12年制なんです。

フィリピンでは大統領が変わるとシステムが大きく変わるために、大統領が変わるタイミングで様々な政治団体が新大統領に陳情を行います。
もちろん新大統領は選挙選に協力した団体の意見を優先的に取り入れます。





さて、新大統領の学校改革はどうなるのでしょうか?

2016年5月22日

フィリピン現アキノ大統領 デゥテルテ新大統領に中国との交渉についてアドバイス

フィリピン現アキノ大統領 デゥテルテ新大統領に中国との交渉についてアドバイス

フィリピンのアキノ大統領は雑誌のインタビューでデゥテルテ新大統領に対して
南沙諸島の領有権を経済援助と引き換えに譲歩するのは「政治的な自殺行為」であるとアドバイスをしました。

中国の経済援助は約束通りに行われない事で世界中で有名なっています。
フィリピンでも2003年に合意した中国の援助による鉄道建設が進まずに、結局日本政府がODA援助という形で肩代わりする事になっています。


もともと中国が占領している南シナ海のスプラトリーアイランドはフィリピンのEEZ(排他的経済水域)内の島です。

ドゥテルテ新大統領は中国の嘘にだまされずに中国との交渉を慎重に行って欲しいですね。

ベニグノ・アキノ3世 フィリピン大統領
http://www.nikkei-events.jp/phil/ より

マニラ新聞より

アキノ大統領、「領有権の断念は政治的な自殺行為」とドゥテルテ氏に釘刺し

アキノ大統領はこのほど、米誌タイムとのインタビューで「国家の指導者が領有権主張を断念すれば、政治的な自殺行為になる」との考えを明らかにした。任期終了を目前にしたアキノ大統領が、大統領選を制したドゥテルテ・ダバオ市長に対し、西フィリピン海(南シナ海)の領有権問題で中国に譲歩せぬよう暗にくぎを刺した形だ。

2016年5月21日

フィリピン次期大統領は「夜型」? 午後起床、深夜会見 の生活を外務省から心配される

フィリピン次期大統領は「夜型」? 午後起床、深夜会見 の生活を外務省から心配される


フィリピンのドゥテルテ新大統領の生活習慣が話題になっています。

ダバオ市長を20年以上務めてきたドゥテルテ氏は普段、午後2時ごろに起床し明け方にかけて仕事をする宵っ張り。ダバオの治安を改善した実績で知られるが、自身も深夜にタクシーで市内を「パトロール」していた。
この生活習慣が外交の際の朝早い外交日程に適応できるのか心配との事です。

今月9日のフィリピン大統領選で当選し、6月末に就任予定のロドリゴ・ドゥテルテ・ダバオ市長(71)が当選後初めての記者会見を15日深夜に開いた。
そして大統領当選後初の記者会見は深夜に開催と、宵っ張りというんでしょうか?
生活の時間帯が午後から深夜のようですね。


日本では細川元首相が深夜に記者会見を行う事でいまだに語り継がれていますが、
ドゥテルテ新大統領のこの生活パターンは就任後も変わらないのか?

注目です。





毎日新聞より

フィリピン次期大統領は「夜型」? 午後起床、深夜会見

【ジャカルタ平野光芳】今月9日のフィリピン大統領選で当選し、6月末に就任予定のロドリゴ・ドゥテルテ・ダバオ市長(71)が当選後初めての記者会見を15日深夜に開いた。過激な発言で注目を集めてきたドゥテルテ氏は夜中に好んで仕事をすると言われ、そのスタイルに関係者は気をもんでいる。

パッキャオ氏が上院議員に、ボクシング6階級制覇

フィリピンの英雄マニー・パッキャオ氏が上院議員に当選しました






 パッキャオ氏は、2月に同性愛者について「動物より劣っている」と発言して批判を浴び、今回は1600万票余りを集め、7位での当選となりました。
この問題発言、世界的には批判を浴びましたが、フィリピン国内では当然の事を言って何が悪いという風潮でした。この発言で支持者が増えたもようです。




TBSニュースより
http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2778412.html

パッキャオ氏が上院議員に、ボクシング6階級制覇

プロボクシングで世界6階級制覇のチャンピオンが、今度は「政治に専念」です。

 フィリピンの選挙管理委員会は19日、プロボクサーとして世界6階級を制覇したマニー・パッキャオ氏が上院議員に当選したと発表しました。

2016年5月19日

フィリピン次期大統領、オバマ米大統領から説得受ける 中国との交渉、仲裁裁判の判断待つように

フィリピン次期大統領、オバマ米大統領から説得受ける 中国との交渉、仲裁裁判の判断待つように

フィリピンのドゥテルテ新大統領がアメリカのオバマ大統領と電話で会談をおこなったそうです。
南シナ海問題で米国との「同盟関係」を確認する一方、多国間協議が行き詰まれば「(中国との)二国間対話を選ぶかもしれない」と、これまで通りの姿勢を説明したという。
アメリカもフィリピンの現状をとても気にしているようですね。
オバマ氏からは、中国との直接交渉について、近く下される常設仲裁裁判所(オランダ・ハーグ)の判断まで待つよう説得を受けたという。

しかし、常設仲裁裁判所の判断は台湾の馬総統の最後のいやがらせにより判断が延期される見通しです。

馬総統の最悪な置き土産再び 対中国国際裁判所裁定に台湾が異議! 決着が延期の見込み

ドゥテルテ新大統領はアメリカ・オバマ大統領の意向に従い常設仲裁裁判所の判断を待てるのでしょうか。

判断に注目が集まります。




産経ニュースより

フィリピン次期大統領、オバマ米大統領から説得受ける 中国との交渉、仲裁裁判の判断待つように

【シンガポール=吉村英輝】フィリピンの次期大統領に就任する同国南部ダバオのロドリゴ・ドゥテルテ市長は17日夜、米オバマ大統領と電話で会談した。南シナ海問題で米国との「同盟関係」を確認する一方、多国間協議が行き詰まれば「(中国との)二国間対話を選ぶかもしれない」と、これまで通りの姿勢を説明したという。

フィリピン国旗が逆さま…不審に思って調べると違法操業容疑の中国漁船 比警備隊が拿捕

フィリピン国旗が逆さま…不審に思って調べると違法操業容疑の中国漁船 比警備隊が拿捕

密漁をしていたとみられる中国漁船2隻をフィリピンの沿岸警備隊が拿捕しました。

漁船はフィリピン国旗を掲げていましたが、上下が逆さまだたっために不審に思った警備隊が調査をしたところ、中国籍の漁船であることがわかったとの事です。

発見されたのは16日、フィリピン北部バタネス州沖合で、中国との係争海域ではないという。警備隊は漁業水産資源局と合同で海上巡回中だった。
中国との係争海域ではなかったようです。

中国による密漁のようですね。

バタネス州はフィリピンと台湾の中間にある島です


産経ニュースより
http://www.sankei.com/world/news/160518/wor1605180024-n1.html

フィリピン国旗が逆さま…不審に思って調べると違法操業容疑の中国漁船 比警備隊が拿捕

2016年5月18日

ドゥテルテ新大統領 外交を始める 国内では対中国強硬姿勢 外交では柔軟 就任まで対中国姿勢は明確でない模様

ドゥテルテ新大統領 外交を始める 国内では対中国強硬姿勢 外交では柔軟 就任まで対中国姿勢は明確でない模様


フィリピンのドゥテルテ新大統領が外交に着手しました。




対中国姿勢

選挙中に大統領になったらスプラトリー(南沙)諸島に水上バイクで出向きフィリピンの国旗を建てると発言して民衆の支持を得ていたドゥテルテ氏
しかし、同時に「中国が鉄道を建設すれば領有権問題は棚上げ」とも言っています。

大統領就任後の国内向けの記者会見ではこのように発言しています。

15日深夜、南部ダバオ市で記者会見し、中国と領有権紛争の続く南シナ海・南沙(英語名スプラトリー)諸島について、「中国にわれわれのものだと主張する。彼らは違法に占拠している」と述べ、中国側に自国の領有権を主張する考えを明らかにした。中国に対して柔軟な方針をとるかについては「中国と戦争をしないという意味では過去にそう言ったが、妥協という意味ではない。それは不可能だ」と領有権問題では妥協しない姿勢を示した。ただ、同時に、中国とは友好関係を築きたい意向も強調した。
「中国はスプラトリー諸島を違法に占拠している」
「妥協という意味ではない」

その翌日に行った駐フィリピン中国大使との会談では
会談後、中国大使は「いい話し合いだった。中国としては、2国間関係強化のため、共に仕事ができることを楽しみにしている」と述べた。
大使との最初の挨拶では表敬訪問と建前の挨拶が主な目的ですのでこの中国大使の「いいhな話し合いだった」というのは建前上のことでしょうね。

今のところ、ドゥテルテ氏の対中国外交方針はまだ未知数です。
現地の情報ではドゥテルテ氏の外交チームには軍出身者が入っているので現在のアメリカ・自衛隊との協調路線はくずさないのではないかとも言われていますが、全ては就任後の動向を見守るしかありません。




日本との関係は?

ドゥテルテ氏は市長を務めていたダバオ在住の日本人からは親日だと知られています。
在比日本大使館によると、石川和秀大使は会談で、選挙での勝利に「心からのお祝い」を伝達。これに対し、ドゥテルテ氏は「日本との関係を重視している」と述べた上で、ミンダナオ和平などでのこれまでの支援に謝意を示したという。
日本政府は中国への援助を中止してフィリピンへのODAを今まで以上に厚くすれば
ドゥテルテ氏はさらに日本側に立ってくれそうですね。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160516-00000016-jij-asia
時事通信 5月16日(月)9時25分配信

南沙諸島「中国が違法占拠」=日本の経済協力に期待―比次期大統領が記者会見

2016年5月17日

ドゥテルテ新大統領は今までの大統領資産の売却を検討中!日本からプレゼントのヨットが第一弾!

ドゥテルテ新大統領は今までの大統領資産の売却を検討中!日本からプレゼントのヨットが第一弾!

ドゥテルテ新大統領が今までの大統領が使用してたヨットの売却を支持しました。

売却するというヨットはこちら


https://en.wikipedia.org/wiki/BRP_Ang_Pangulo_(AT-25)#/media/File:BRP_Ang_Pangulo_(AT-25).jpg より
実はこの大統領専用ヨットは日本と縁があって
第2次世界大戦の賠償として日本政府がフィリピン政府に進呈したものです。
1960年に当時の石川島播磨重工で造船されました。

フィリピン政府は大統領主催の晩餐会やパーティーでこのヨットを使っていたようです。
売却といっても1960年製の船がどれだけの金額で売る事ができるかは未知数だと思いますが・・・



さらに大統領府が使っているヘリの売却も検討をするそうです。
http://www.globalaviationresource.com/reports/2011/military-aviation-worldwide-philippine-military-aviation-in-manila/  より

バナナの木を枯れさせる『新パナマ病』が世界中に蔓延中 バナナが食卓から消えるおそれが・・・

バナナの木を枯れさせる『新パナマ病』が世界中に蔓延中 バナナが食卓から消えるおそれが・・・

新パナマ病はバナナの木を枯れさせてしまう

バナナの病気「新パナマ病」の影響が世界中に広がっていてバナナが近い将来店頭から消えるおそれがあるそうです。フィリピン政府が品種改良などの対策をとっていますが、なかなか成果があがらず、抜本的な対策は見つかっていないようです。

世界中で感染が広がっているのは、カビの一種である病原体によってバナナの木が枯れてしまう「新パナマ病」と呼ばれる病気で、一度かかると治らないため、バナナの「不治の病」とも言われています南部ミンダナオ島では、ここ数年で「新パナマ病」の被害が急速に拡大しています。現地の生産者団体によりますと、島にあるバナナの木の5分の1がすでに感染し、生産量もこの5年で20%以上も減り、ことしはさらに落ち込む見通しだということです。

よく知られているようにフィリピンではバナナが特産品のひとつです。
バナナ農園に従事している人が多いフィリピンでバナナの生産ができなくなるというのは
多くの人達の仕事がなくなるという事です。


もちろん世界中の人が日常で食べているバナナが食べれなくなるのはとても辛い事ですが、多くの人の仕事を守るためにも、「新パナマ病」の対策を急いで欲しいものですね。

他の国がフィリピン政府を助ける事はできないものでしょうか?





NHKニュースより リンク先で動画有り

バナナが食卓から消えるおそれ 病気の感染拡大

手ごろな価格で栄養価も高い果物として親しまれているバナナですが、バナナの木を枯れさせる病気の感染が世界中に広がっています。日本の最大の輸入元のフィリピンでは、生産量が減少するなど影響も出始め、対策を急がなければ、将来、手軽に食べられなくなるおそれがあると懸念する声が上がっています。

2016年5月15日

マニラで社長さん フィリピン情報ブログ紹介

マニラで社長さん フィリピン情報ブログ紹介

マニラで社長さん

フィリピンで社長業を行っている方が
日々のニュースや雑事
フィリピンの芸能情報を紹介しています。

2016年5月14日

ドゥテルテ新大統領のマニラ国際空港浄化策発表!! 銃弾発見事件連発で世界最悪の空港職員対策にこれは効果的

ドゥテルテ新大統領のマニラ国際空港浄化策発表!! 銃弾発見事件連発で世界最悪の空港職員対策にこれは効果的

世界最悪の悪名が高いニノイ・アキノ・国際空港は利用客の荷物への身の覚えのないい弾丸の混入が度々発生して問題になっていますが、

この度大統領選で勝利したデゥテルテ新大統領は画期的な対処策を発表しました。



この数カ月で発生した空港関連の事件

フィリピンの空港は最悪の伝説がまた更新 新婚旅行のカップルが空港で弾丸を荷物に入れられて拘束 8万ペソ要求される
空港職員が利用客荷物に弾丸を入れる事件多発のマニラ空港 監視カメラは人権侵害!職員が国税局の汚職防止策に怒り
【暗黒空港】パッキャオの親族が荷物を失う、有名人でも容赦なし
マニラ空港で5時間も停電、窃盗が横行、フライトもキャンセル



その画期的な解決方法とは


2016年5月13日

フィリピン副大統領選 マルコス候補が与党がロブレド候補を勝たせるために中央選管が票を操作したと批判開始

フィリピン副大統領選 マルコス候補が与党がロブレド候補を勝たせるために中央選管が票を操作したと批判開始


接戦が続いてフィリピン副大統領選ですが、

マルコス候補が中央選管がロブレド候補を勝たせるために
票を操作したと批判声明を出しました。


これはフィリピン国内で開票直後より噂されている事で
マルコス候補支持者が自発的に抗議集会を開催しています。


副大統領選
1位の ROBREDO, LENI ロブレド候補の 獲得票数 14,001,595
2位の MARCOS, BONGBONG マルコス候補の 獲得票数 13,778,361

双方とも 1400万票近くを獲得しながら獲得票の差はわすが20万票強と接戦です。


噂の出処はテレビの選挙特番です。
ロブレド候補以外の与党候補の獲得票数が減って、ロブレド候補に追加される事がありました。
この数字の増減が意図的なのか、テレビ局のミスなのかはわかりませんが、
マルコス候補支持の民衆は政府が票を操作していると問題視して
自発的に抗議活動を開始しています。

抗議デモは現在のところ規模は少ないのですが、1万人以上の規模になった際にデモの周辺で混乱が発生する事が予想されます。

2016年5月12日

フィリピンのイスラム過激派アブサヤフ 誘拐していたインドネシア人船員4人を解放

フィリピンのイスラム過激派アブサヤフ 誘拐していたインドネシア人船員4人を解放


イスラム過激派アブサヤフからインドネシア船員4人が解放されました。
解放の過程で身代金を払ったか等の詳細は明らかにされていません。
フィリピン南部の海域で、イスラム過激派組織に誘拐されていたインドネシア人の船員4人がおよそ1か月ぶりに解放され、インドネシア政府は周辺国と連携して対応に当たった成果だとしています。



NHKニュースより
フィリピン南部の海域で、イスラム過激派組織に誘拐されていたインドネシア人の船員4人がおよそ1か月ぶりに解放され、インドネシア政府は周辺国と連携して対応に当たった成果だとしています。
フィリピン南部の海域では先月15日、インドネシア人の船員4人がイスラム過激派組織アブサヤフに誘拐され、身代金を要求されていました。
インドネシア政府はフィリピン政府と連携して船員の解放を目指していましたが、4人は11日、フィリピン南部のホロ島で解放され、軍に保護されたということです。
身代金の支払いなど、解放の詳しい経緯は明らかにされていませんが、会見したインドネシアのジョコ大統領は「解放は両政府の協力の結果だ」と述べ、連携の成果を強調しました。
フィリピン南部ではアブサヤフによって、インドネシアやマレーシアの船員が誘拐され、身代金を要求される事件が相次いでいるほか、先月には誘拐されていたカナダ人の男性が殺害されています。
こうした事態を受け、インドネシアとマレーシア、そしてフィリピンの3か国は周辺海域で合同パトロールを実施することや、緊急事態の際のホットラインの設置など、各国間の連携を強化することで合意しており、過激派組織への対策を急いでいます。

2016年5月11日

フィリピン副大統領にロブレド氏が当選 与党がなんとかポジション確保

フィリピン副大統領にロブレド氏が当選 与党がなんとかポジション確保


フィリピン大統領選は ドゥテルテ氏が当選

副大統領戦は激戦の末、与党候補のロブレド氏が当選しました。


副大統領戦2位のマルコス氏は20年間独裁政権を強いたマルコス大統領の長男です。

マルコス大統領は任期中に学校の給食を無料とするなど庶民に人気の政策を行ったため、独裁の記憶が薄れ、強権でも庶民に味方の政治家がほしいという層から支持を集めたもようです。



ドゥテルテ新大統領 ABS-CBNに2つ政策を発表する 早急に実施との事

ドゥテルテ新大統領 ABS-CBNに2つ政策を発表する 早急に実施との事


フィリピン新大統領のドゥテルテ氏はフィリピンのテレビ局ABS-CBNに対して新政策を語りました。

○18歳以下 午後10以降外出禁止
○すべての場所で深夜1時以降アルコールの提供禁止

この2つの政策を早急に実施するそうです。

アルコールの深夜提供禁止は日本人旅行客にも影響がありそうですね。




2016年5月10日

フィリピン大統領選、ドゥテルテ氏が当選確実  副大統領は混戦

フィリピン大統領選、ドゥテルテ氏が当選確実  副大統領は混戦

フィリピン大統領選が5月9日に行われ、
ダバオ市長のデゥテルテ氏の当選が確実な状況です。
デゥテルテ新大統領
http://フィリピン留学ブログ.com/?p=2493 より

ドゥテルテ氏は、ダバオ市の治安を劇的に改善させた実績が評価される。大統領になっても犯罪者は殺害すると公言するほか、「6カ月で汚職をなくす」と述べており、強いリーダーシップに期待する有権者が多い。マニラの会社員女性(44)は、「暴言は良くないが、治安が良くなるならば賭けてみたい」と話す。 ここ数年の経済成長にもかかわらず格差や薬物汚染などの問題がより深刻になっている現状が、ドゥテルテ支持につながっている。ただ、法の支配を無視した殺人などの強引なやり方には批判の声が少なくない。
不安な声も聞こえますが、犯罪者を殺害する治安維持方法をフィリピン国民が望んでいる結果です。

副大統領戦ではマルコス氏とロブレド氏が激戦を繰り広げていて
開票の最後まで結果がわからない状況です。

日本経済新聞より

フィリピン大統領選、ドゥテルテ氏が当選確実 

任期満了に伴うフィリピン大統領選挙は9日、投開票された。南部ミンダナオ島ダバオ市長、ロドリゴ・ドゥテルテ氏(71)が同日夜までに他の候補を引き離して、当選を確実にした。「犯罪者は殺害する」など過激な発言を繰り返す同氏を巡っては、かつての強権政治の復活を懸念する声も出ている。

2016年5月9日

《動画》フィリピン大統領選 投票続く ドゥテルテ候補がリード!

フィリピン大統領選の投票が4月9日月曜日行われています。
主な候補者は、アキノ大統領の後継のマヌエル・ロハス氏(58)、野党出身で現職の副大統領のジェジョマル・ビナイ氏(73)、それに無所属の上院議員のグレース・ポー氏(47)、南部ミンダナオ島のダバオ市長、ロドリゴ・ドゥテルテ氏(71)の4人です。
フィリピン大統領選今日投票 
 

有本香×須田慎一郎「比中の軍事衝突間近! フィリピン大統領選で超強硬派のロドリゴドゥテルテ ダバオ副市長が当選で」 特亜ウォッチャー


NHKニュースより

フィリピン大統領選 投票続く

フィリピンで大統領選挙の投票が始まり、4人の主要な候補者による争いとなるなか、南シナ海を巡る問題など重要な課題のかじ取りを担う指導者に誰が選ばれるのか注目されます。
フィリピンでは、アキノ大統領の任期満了に伴う大統領選挙の投票が日本時間の午前7時から始まりました。

2016年5月8日

世界最悪のマニラ国際空港で75歳車椅子の女性の鞄に弾丸混入、係員が5万ペソ要求していた

世界最悪のマニラ国際空港で75歳車椅子の女性の鞄に弾丸混入、係員が5万ペソ要求していた


世界最悪記録を更新し続けているニノイアキノ国際空港

荷物への弾丸混入事件で利用客を恐怖のどん底に突き落としていますが、
また新しい事件が発生しました。

家族とアメリカに行こうとしていた75歳の車椅子に乗った女性の鞄から弾丸が発見され、女性が拘束されていました。

女性はショックで高血圧になり、アメリカ行きの飛行機にも乗れなかったそうです。

世界最悪のマニラ国際空港不名誉記録をさらに更新中!! GW狙いか?

自分で歩けない75歳の女性が犠牲者に・・・

空港入り口のX線検査では弾丸は発見されず、搭乗前のX線検査で弾丸が発見されるというとても不思議なこの事件ですが、

女性が解放された後に家族はフィリピン司法省に
検査係官が「5万ペソ払えば許す」と取引を持ちかけたことを暴露しました。

現在司法省の取り調べが行われていて、この事件に関与した2名の職員が空港への入館証を取り上げられて勤務停止となっています。


Bandila: NAIA workers tagged in
 'tanim-bala' lose access passes


2016年5月7日

フィリピンの外食大手マックス・グループ、シンガポールでピザチェーン展開へ

フィリピンの外食大手マックス・グループ、シンガポールでピザチェーン展開へ


フィリピン外食大手マックス・グループがシンガポールで "YELLOW CAB"ピザチェーンを展開するそうです。

ジョリビーがシンガポールに進出した際には現地フィリピン人に大人気となりましたが、
フィリピンのピザはシンガポールに受け入れられるでしょうか?





日本経済新聞より

比マックス・グループ、シンガポールでピザチェーン 

マックス・グループ(フィリピンの外食大手) ピザチェーン「イエロー・キャブ」をシンガポールで展開する。現地企業と5店舗を開業する契約を結んだ。これを弾みにグループの海外店舗を2020年までに200店に増やす。

イスラム過激派アブサヤフ対策で東南アジア3ヶ国が合同パトロール実施で一致 比など東南アジア3カ国

イスラム過激派アブサヤフ対策でで東南アジア3ヶ国が合同パトロール実施で一致 比など東南アジア3カ国

イスラム過激派 アブサヤフ
http://kimamato.blog.jp/archives/1044292206.html より


フィリピンを拠点に身代金目的で外国人の誘拐を繰り返している
イスラム過激派アブサヤフの対策として
インドネシア・マレーシア・フィリピンの3ヶ国が合同パトロールを
実施する事で合意しました。

アブサヤフは最近では身代金を支払わないフィリピン政府に対しての見せしめのために
拉致したカナダ人の首を切断しています。




中日新聞より

対過激派で合同パトロール実施へ 比など東南アジア3カ国

5月9日月曜日はフィリピン大統領選挙 日本大使館からの注意

5月9日月曜日はフィリピン大統領選挙 日本大使館からの注意

5月9日はフィリピンの大統領選挙日です。
当日はフィリピン全国で公休日にとなります。



選挙の前日からアルコールの販売が禁止(外国人に対してホテル等では可)になるなど
日本人に対しても影響があります。

選挙当日は投票所近くで殺人等の事件が発生することもありますので、
できるかぎり投票所には近づかないほうがいいようです。


マカティで暮らすさんが日本大使館からの注意事項をまとめてくれていますので
紹介させていただきますね。



マカティで暮らすより

大統領選挙前後のいろんな規制


フィリピンの大統領選挙、国政選挙などの投票日である5月9日が迫ってきました。それに伴い、5月9日は全国公休日なります。3月末に、日本大使館から大統領選挙に向けて注意喚起の通報がありました。趣旨は選挙の前はいろいろなことがあるので、気を付けてくださいというもので、参考情報として様々な禁止事項が記載されていました。

2016年5月5日

フィリピン大統領選「トランプ旋風」フィリピン版 首位に立った“暴言王”、異名は「ダーティハリー」…「中国の人工島に国旗を立てる」

フィリピンの大統領選で事前調査トップに立っているドゥテルテ氏は
フィリピン国内で大きな支持を受けていますが、
http://xn--dck0a9gch2jxa0c1890e8h9b.com/?p=2493 より

他の国からの評判はいまいちのようで警戒をされています。

ドゥテルテ氏が大統領に当選した後は、独自路線を貫くのか、国際強調路線に変更するのか注目を集めます。

独自路線を貫くのであれば経済減速は必至と見られています。

産経ニュースより

さながら「トランプ旋風」 首位に立った“暴言王”、異名は「ダーティハリー」…「中国の人工島に国旗を立てる」

5月9日実施のフィリピン大統領選で、ダバオ市のロドリゴ・ドゥテルテ市長(71)が、支持率でトップに躍り出ている。ダバオの治安を改善した実績に期待が高まる一方、人権を無視した言動を危ぶむ声も強まっている。外交能力も未知数で、選挙戦は米国の「トランプ旋風」さながらの様相を呈している。

2016年5月4日

次期大統領候補ドゥテルテダバオ市長が暗殺に関与 ダバオの処刑団 18年間で1424件の超法規的殺人執行


フィリピンのミンダナオ島の都市ダバオ(ダヴァオの表記も有り)は
イスラム過激派が拠点としているミンダナオ島にありながら治安が良いとされています。

しかし治安維持の方法には公然の秘密があるようで・・・


ドゥテルテ ダバオ市長
http://www.purveyr.com/2015/03/how-to-be-man-rody-duterte-for-esquire.html より
ダバオ市長のデゥテルテ氏が私設の暗殺団を設立して
犯罪者を法で処罰するのではなく、私的に処刑しているとみられています。
2015年5月にはドゥテルテ氏本人が暗殺団への関与を認める発言も行っています。

実はこのドゥテルテ氏は次期大統領選でトップを走っています。

もし、ドゥテルテ氏が大統領になった際には過去の暗殺については有耶無耶になる見通しです。


フィリピンの庶民としては犯罪が少ないダバオ市へのあこがれがあり、
さらに庶民の感情を代弁するように海外の国に歯に絹をきせずに発言をする
デゥテルテ氏が人気を集めています。



実際にレイプの上、殺されたオーストラリア人女性に対して暴言をはき、

オーストラリアテレビ番組「彼が当選したらフィリピンに行くな」、フィリピン大統領候補ドゥテルテ氏の発言が炎上

暴言に対して抗議をしたアメリカ大使とオーストラリア大使に国交断絶の用意があると発言をして国際問題化しました。(その後謝罪)


問題発言が多いドゥテルテ氏が再選するとフィリピン経済が失速すると複数の経済シンクタンクから予想されています。

デゥテルテ氏も大統領当選が決まればアメリカのトランプ大統領候補のように現実路線になるのでしょうか?当選後も路線が変わらなければ成長しているフィリピン経済は政治的な問題から減速するのではないでしょうか?



フィリピンの今後6年を決める選挙の投票は今週末です。



PHILIPPINES INSIDE NEWS より引用

 【処刑】 ダヴァオの処刑団 18年間で1424件の超法規的殺人執行

ミンダナオ島南部ダヴァオ市(人口150万人以上)は治安が良いとされるが、その裏には大統領選に立候補している永年同市に君臨したドゥテルテ市長の指示、容認による犯罪者への処刑団による暗殺ではないかと見られ、本人も20155月に関与を認める発言を行っている。

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース