2017年6月18日

6月17日のフィリピンニュースまとめ 今年のラマダン祝日は26日に決定!!

6月17日のフィリピンニュースまとめ 今年のラマダン祝日は26日に決定!!


2017年のラマダン明けの祝日は26日に決定しました。

このラマダン明けの祝日はラマダン明けの日が直前まで決まらないために毎年直前になり発表されます。

しかし、別の側面から見ると毎年ラマダン中はテロ注意報が発令されますが、今年は特にテロの危険が高まっていますのでご注意ください。




6月17日のフィリピンニュースまとめリンクはこちらからご覧下さい


東南アジアのIS掃討、「無法地帯」の海上制圧が鍵
ロイター
http://jp.reuters.com/article/southeastasia-security-idJPKBN1960EA

GDO
ビザトラブルで1人欠場のフィリピンがついに最下位を脱出
http://news.golfdigest.co.jp/news/toyotajr/article/69243/1/


長浜被告 16日午後に出廷、邦人2人殺害の罪で
ヤフーニュース
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20170616-00000062-jnn-int


Philippines Primerより
【フィリピン・ホットトピックス】フィリピンは6月26日が祝日に決定!  イスラム教の祝日であるEid al-Fitr (イード・アル=フィトル)は、断食月(ラマダン)の終了を全国民で祝う祝日です。 その年によってフィリピンでは日付が前後するこの祝日ですが、今年は6月26日(月)に決定との発表がありました。





まにら新聞

薬物おとり捜査で教師ら3人逮捕:国家警察はルソン地方タルラック州で15日、おとり捜査により公立学校の教師を含む3人を、違法薬物を密売したとして逮捕した。調べでは、3人は49〜53歳で親族同士。うち1人は過去3回、違法薬物を密売したとして逮捕されていた。(16日・Pジャーナル)

観光低評価:大統領府は、比観光の安全性を136カ国中126位と酷評した報告書に反論した

海外就労者送金:1月から4月までの銀行送金額は前年同月比4.2%増の90億ドル、その他合計額では100億ドルに

大統領休息:大統領府は4日間、公の場に姿を見せない大統領について休息が必要だと述べた

戒厳令布告:戒厳令の差し止め請求を審理する口頭弁論が開かれ国防長官と国軍参謀総長が初参加

派遣停止解除:労働雇用省は、7カ国がカタールと国交断絶後に行っていた労働者の派遣停止措置を解除すると発表

食品飲料展示会:ワールド・トレード・センターで、フィリピン各地の名産などを展示即売

豪報道人が負傷:オーストラリアの報道関係者がマラウィ市内で首に流れ弾を受けて軽傷を負った

ダバオ市のバン事故で9人死亡:ミンダナオ地方ダバオ市ブナワン地区で14日早朝、客を乗せたバンがトラックに衝突し9人が死亡した。バンはダバオ市の繁華街から同地方コンポステラバレー州モンカヨ町へ向かう途中で、前を走る車を追い抜こうとし対抗車線のトラックに衝突した。(15日・テンポ)





0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース