2017年2月17日

ニッケル不足 フィリピンの環境破壊の鉱山に対する操業停止問題、ドゥテルテ大統領が追認

ニッケル不足 フィリピンの環境破壊の鉱山に対する操業停止問題、ドゥテルテ大統領が追認


ニッケル不足の原因となっているフィリピン政府による鉱山操業停止ですが、ドゥテルテ大統領が環境天然資源庁長官の操業停止判断を追認しました。

ニッケルは当分不足が続きそうです。

操業停止中の鉱山の労働者保護がどうなるかは未定です。






詳細は以下ニュースサイト リンク先よりご覧下さい



DIGIMA NEWSより
https://www.digima-news.com/20170215_13765

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース