2016年10月21日

訪中中のドゥテルテ大統領、米国との経済・軍事分野での「離別」を表明

訪中中のドゥテルテ大統領、米国との経済・軍事分野での「離別」を表明

 フィリピンのドゥテルテ大統領はアメリカとの経済・軍事分野の両面で「離別」を宣言しました。
中国を訪問中のフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領は北京(Beijing)で20日、中国との外交関係の再構築を進める中、長らく同盟関係にあった米国との「離別」を表明した。
 ドゥテルテ大統領は会合での拍手に応じ「私は米国との離別を表明する」と発言した。
 先立って、ドゥテルテ大統領は中国の習近平(Xi Jinping)国家主席と人民大会堂(Great Hall of the People)で会談。両首脳は(南シナ海、South China Sea、における)領有権問題を脇に追いやり、信頼と友好を強化することを誓った。
 中国国営の新華社(Xinhua)通信によると、習主席は両国を「海を越えた隣国」と呼び、「敵意や対立の理由がない」と語った。
ドゥテルテ大統領は北京のフィリピン人コミュニティでのスピーチで学生代にガールフレンドを訪問するためにアメリカのビザを取得しようとしたところ、VISAを否認されたという話を披露したそうです。
アメリカ嫌いの原因の一つにこの事がありそうです。



ヤフーニュースより

訪中のドゥテルテ比大統領、米国との「離別」を表明

【AFP=時事】中国を訪問中のフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領は北京(Beijing)で20日、中国との外交関係の再構築を進める中、長らく同盟関係にあった米国との「離別」を表明した。



 ドゥテルテ大統領は会合での拍手に応じ「私は米国との離別を表明する」と発言した。

 先立って、ドゥテルテ大統領は中国の習近平(Xi Jinping)国家主席と人民大会堂(Great Hall of the People)で会談。両首脳は(南シナ海、South China Sea、における)領有権問題を脇に追いやり、信頼と友好を強化することを誓った。
 中国国営の新華社(Xinhua)通信によると、習主席は両国を「海を越えた隣国」と呼び、「敵意や対立の理由がない」と語った。

 4日間の日程でのドゥテルテ大統領の中国訪問は、同大統領の米国から中国の勢力範囲──そしてその潤沢な資金──への傾斜を明確に示すものとみられている。

 中国外務省の華春瑩(Hua Chunying)報道官によると、両首脳は、「広範囲に及ぶ」「友好的な」会談を行い、商取引やインフラ、農業などに関する、2国間の協力文書13点の署名を見守ったという。

 また、外務省の声明によると、習主席はドゥテルテ大統領に対し、友好的な隣国としての感情の基礎は変わらないと伝え、困難な課題については「一時的に棚上げすることもできる」と語った。ドゥテルテ大統領は会談について「歴史的」と表現したという。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース