2016年10月17日

ドゥテルテ大統領 香港のテレビ局インタビューで発言 中露との軍事演習に前向き 「米とは中止」強調

ドゥテルテ大統領 香港のテレビ局インタビューで発言 中露との軍事演習に前向き 「米とは中止」強調

フィリピンのドゥテルテ大統領は香港のテレビ局とのインタビューで、中国およびロシアとの合同軍事演習に前向きな姿勢を示しました。
 ドゥテルテ氏は香港のテレビ局「鳳凰衛視(フェニックステレビ、Phoenix Television)とのインタビューで、中国またはロシアとの合同軍事演習について考えるつもりがあるかと尋ねられると、「その通りだ。米国人にはフィリピンの兵士らと遊ぶ時間をもう、たっぷり与えてきた」と述べた。
 さらにフィリピンの国土防衛における主要同盟国であり、軍需品の最大の供給国でもある米国との合同軍事演習は二度と認めない考えを再び強調し、先週末に終了した米比合同の軍事演習に触れ「今回で最後だ。これはもう計画されていたことだ。わが国の兵士らに屈辱を与えたくない」と答えた。


フィリピン大統領、中露との軍事演習に前向き 「米とは中止」強調

AFP=時事10月17日(月)20時10分配信


 フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領は17日に放映された香港(Hong Kong)のテレビ局とのインタビューで、中国およびロシアとの合同軍事演習に前向きな姿勢を示す一方、長年の同盟国である米国との軍事演習は今後行わない考えを再度強調した。


ドゥテルテ大統領は、18日から4日間の訪中を控えている。今回の訪問により、埋蔵資源が豊富な南シナ海(South China Sea)の領有権をめぐって悪化した両国関係の改善を図りたい意向だ。

 ドゥテルテ氏は香港のテレビ局「鳳凰衛視(フェニックステレビ、Phoenix Television)とのインタビューで、中国またはロシアとの合同軍事演習について考えるつもりがあるかと尋ねられると、「その通りだ。米国人にはフィリピンの兵士らと遊ぶ時間をもう、たっぷり与えてきた」と述べた。

 さらにフィリピンの国土防衛における主要同盟国であり、軍需品の最大の供給国でもある米国との合同軍事演習は二度と認めない考えを再び強調し、先週末に終了した米比合同の軍事演習に触れ「今回で最後だ。これはもう計画されていたことだ。わが国の兵士らに屈辱を与えたくない」と答えた。

 ドゥテルテ氏は6月30日の大統領就任以来、フィリピンの外交関係の劇的な再編を試みており、米国と距離を置く一方で、中国、ロシアとの関係強化へとかじを切った。

 インタビューで、訪中している間に中国から軍需品を購入するかとの問いには「それほど大量ではないが」と言いながら、購入の可能性を認めた。また「テロリズム」と戦うために中国から小型で高速の戦闘艇を買う必要があるとも述べ、詳細には触れずに「中国がわが国のこの努力に手を貸してくれなければ、我々はテロとの戦いにおいて苦闘を強いられるだろう」と語った。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース