2016年10月6日

死刑制度復活宣言 レイプ犯等には死刑を与える事でしか正義を貫けない、フィリピン大統領

死刑制度復活宣言 レイプ犯等には死刑を与える事でしか正義を貫けない、フィリピン大統領

 フィリピンのドゥテルテ大統領はレイプ等の凶悪犯罪者に対して死刑制度を適応する意向を示し、2006年に廃止された死刑制度を再開させる方針である事を表明ました。

もちろんレイプは重罪ですが、フィリピンでは冤罪も多いので、公平な捜査と裁判が行えるかも注目です。



ASEAN PORTALより

レイプ犯等には死刑を与える事でしか正義を貫けない、フィリピン大統領

フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領は、レイプ犯などの凶悪犯罪者に対しては死刑を行う事でしか正義を貫けないとして、死刑制度を再開させる方針である事を表明した。


フィリピンでは、グロリア・アロヨ政権により2006年に死刑が廃止されていた。6月に新しく大統領に就任したロドリゴ・ドゥテルテ氏は、死刑制度を廃止しても治安が改善されていないとして、死刑制度を再開させる意向を以前から表明していたが、この方針に国内外のカトリック教会などの関係機関からは「死刑制度の復活に反対する。人を殺すことは神だけが出来る事である。」として強く反発の声が挙がっていた。

これらの声にドゥテルテ大統領は「宗教団体の人々が死刑制度復活に反対している事は把握しています。しかしながら、私はこの要請に応える事は出来ません。私は神の存在を否定していませんし、神の存在を信じています。しかしながら、世の中には1歳の幼児を母親から奪いレイプし殺すような人がいます。イスラム国などにより強制的に性行為を強いられている女性達やイスラム国に虐殺される人々もいます。この場合には、どこに神がいるのでしょうか?
もし神が存在しない場合には凶悪犯罪者にはどの様な処罰を行えばよいのでしょうか?レイプ犯などの凶悪犯罪者に対しては死刑を行うしかありません。被害者にとっての正義は、加害者を死刑にする事でしか正義を貫く事が出来ないのです。」と見解を述べた。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース