2016年10月2日

フィリピン 18歳フィリピン女性を日本に連れて行こうとした68歳日本人男性人身売買疑いで拘束

フィリピン 18歳フィリピン女性を日本に連れて行こうとした68歳日本人男性人身売買疑いで拘束

フィリピン、マニラの空港で18歳のフィリピン人女性を日本に連れて行こうとした68歳の日本人男性が人身売買の疑いで拘束されました。

フィリピンの航空保安当局は1日、人身売買に関与した疑いで日本人と、フィリピン人の少女(18)の計2人を9月30日に拘束したと明らかにした。2人はマニラ空港から日本へ向かう直前で、少女は「貧しくて日本で働きたかった」と話しているという。
 捜査関係者によると、日本人はワタナベ・アキオ容疑者(68)=漢字表記不明=とされる。マニラ在住との情報がある。
 空港での出国手続きの際、少女が日本人を装った名前を使ったため、拘束された。2人はフィリピン航空で愛知県に向かう予定だった。

フィリピンでは人身売買は重罪です。



日本経済新聞より

人身売買疑いで邦人ら拘束 フィリピン当局 

【マニラ=共同】フィリピンの航空保安当局は1日、人身売買に関与した疑いで日本人と、フィリピン人の少女(18)の計2人を9月30日に拘束したと明らかにした。2人はマニラ空港から日本へ向かう直前で、少女は「貧しくて日本で働きたかった」と話しているという。


 捜査関係者によると、日本人はワタナベ・アキオ容疑者(68)=漢字表記不明=とされる。マニラ在住との情報がある。
 空港での出国手続きの際、少女が日本人を装った名前を使ったため、拘束された。2人はフィリピン航空で愛知県に向かう予定だった。
 身柄の引き渡しを受けたフィリピン国家捜査局(NBI)が今後、組織的関与の有無などを調べる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース