2016年10月13日

「フィリピンで韓国人3人銃殺…手足縛られた跡も」 フィリピンでは毎年10人前後の韓国人が殺害されています

「フィリピンで韓国人3人銃殺…手足縛られた跡も」 フィリピンでは毎年10人前後の韓国人が殺害されています

フィリピンで韓国人3人が銃殺されました。

フィリピンでは韓国人の殺人事件が定期的に発生しています。



外交部「フィリピンで韓国人3人銃殺…手足縛られた跡も」

中央日報日本語版 10月13日(木)8時22分配信

11日にフィリピンで韓国人3人が銃殺されたことが13日、確認された。外交部の当局者によると、フィリピンのバコロド市で韓国人2人と韓国人と推定される1人が銃で撃たれて死亡しているのが見つかった。駐比韓国大使館の領事と現地警察が被害者の身元と死亡した経緯などを把握中だ。3人は40代以上の男性2人、女性1人と推定される。1人は手足が縛られたまま見つなり、1人は手をテープで縛られた跡があったという。



フィリピンで韓国人が殺害されたのは今年4件目。5月20日にはフィリピンで活動していた韓国人宣教師シンさん(57)が鈍器で殴られて死亡した。同月17日にはマニラ郊外ラグナ州カラムバ市でチャンさん(32)が家の近所に駐車していた乗用車に乗ろうとしたところ、銃撃を受けて死亡した。2月22日にはマニラ郊外カビテ州のある住宅街で、退職して移民したパクさん(68)が刃物で刺されて死亡した。

2013年13人、2014年10人、2015年11人など毎年10余人の韓国人が殺害されている。2013年基準でフィリピンの韓国人対象殺人犯罪発生率(1年間の人口10万人あたりの殺人事件数、当時の滞在韓国人8万8000人)は14.72件と、フィリピン人対象殺人犯罪発生率(8.8件)より高かった。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース