2016年9月9日

アメリカとフィリピンの大統領、言葉交わす ドゥテルテ大統領の暴言による会談中止から和解へ

アメリカとフィリピンの大統領、言葉交わす ドゥテルテ大統領の暴言による会談中止から和解へ

フィリピンのドゥテルテ大統領とアメリカのオバマ大統領は言葉を交わしました。
内容は明らかにされていませんが、ドゥテルテ大統領がオバマ大統領に謝罪したと思われます。

 両首脳は6日にビエンチャンで初めて会談する予定だったが、ドゥテルテ氏が対米批判を繰り返し、オバマ氏を下品な言葉でののしったため、米側が会談をキャンセルしていた。両首脳は7日の会議終了後に接触したものとみられる。
フィリピン大統領オバマ大統領へ暴言!!ドゥテルテ大統領の暴言に潜むフィリピンの怒り 根深い社会問題と鬱積する不満

アメリカ・フィリピン首脳会談取りやめ 麻薬取り締まりに対する殺人容認での発言応酬が原因=アジア戦略の不安要素に


ヤフーニュースより

米とフィリピンの大統領、言葉交わす

読売新聞9月8日(木)1時29分配信

【ビエンチャン=向井ゆう子】フィリピン外務省報道官は7日、米国のオバマ大統領とフィリピンのドゥテルテ大統領が同日夜、ラオス・ビエンチャンで言葉を交わしたと明らかにした。



 東南アジア諸国連合(ASEAN)関連会議が開かれているビエンチャンで記者団に語った。

 両首脳は6日にビエンチャンで初めて会談する予定だったが、ドゥテルテ氏が対米批判を繰り返し、オバマ氏を下品な言葉でののしったため、米側が会談をキャンセルしていた。両首脳は7日の会議終了後に接触したものとみられる。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース