2016年9月26日

マニラ発羽田行きのフィリピン航空機、機内で煙発生 引き返す

マニラ発羽田行きのフィリピン航空機、機内で煙発生 引き返す 

フィリピン・マニラー日本・羽田便のフィリピン航空で通気口から煙が発生して離陸から数分後に引き返しました。

 比航空当局の広報担当者は「パイロットが客室内の煙を感知したとの情報があったとみられる。安全措置としてパイロットは引き返して着陸した」と述べた。
 フィリピン航空によると問題があったのは乗客222人、乗員13人を乗せて羽田へ向けて離陸したエアバス(Airbus)A340-300型機。パニックなどは起こらず、乗客は全員無事に降機し、別の便で日本へ向かう。煙が発生した原因は現在、調査中だという。
http://www.cebu-55.com/information/464/ より



AFP BB NEWSより
http://www.afpbb.com/articles/-/3102173

羽田行きのフィリピン航空機、煙発生で引き返す




【9月26日 AFP】26日、フィリピンの首都マニラ(Manila)のニノイ・アキノ国際空港(Ninoy Aquino International Airport)から東京・羽田空港(Haneda Airport)へ向かおうとしたフィリピン航空(Philippine Airlines)の旅客機の通気口から煙が発生し、同便は離陸から数分後に引き返した。

 比航空当局の広報担当者は「パイロットが客室内の煙を感知したとの情報があったとみられる。安全措置としてパイロットは引き返して着陸した」と述べた。

 フィリピン航空によると問題があったのは乗客222人、乗員13人を乗せて羽田へ向けて離陸したエアバス(Airbus)A340-300型機。パニックなどは起こらず、乗客は全員無事に降機し、別の便で日本へ向かう。煙が発生した原因は現在、調査中だという。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース