2016年9月6日

アメリカ・フィリピン首脳会談取りやめ 麻薬取り締まりに対する殺人容認での発言応酬が原因=アジア戦略の不安要素に

アメリカ・フィリピン首脳会談取りやめ 麻薬取り締まりに対する殺人容認での発言応酬が原因=アジア戦略の不安要素に

6日に予定されていたアメリカのオバマ大統領とフィリピンのドゥテルテ大統領の会談が急遽取りやめになりました。原因はオバマ大統領がドゥテルテ大統領の麻薬取り締まりのために人権無視で殺人を容認していることについての抗議でした。

 オバマ大統領は当初からドゥテルテ大統領の人権を度外視した麻薬対策に批判的で、初顔合わせとなる会談で「適正な手続きと基本的な国際規範の順守」を求める考えだった。一方、ドゥテルテ氏は5日の記者会見で、米国の植民地支配を批判し、「誰も私に説教する権利はない」と反発していた。
ドゥテルテ大統領は発言で自ら問題を起こしていくタイプですね。



JIJI.COMより

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016090600040&g=int

米比首脳会談取りやめ=アジア戦略の不安要素に

【ビエンチャン時事】ラオス訪問中のオバマ米大統領は、6日午後(日本時間同)に予定していたフィリピンのドゥテルテ大統領との会談を取りやめた。国家安全保障会議(NSC)のプライス報道官が同日、明らかにした。ドゥテルテ氏による度重なる米国批判が原因とみられる


 オバマ大統領は当初からドゥテルテ大統領の人権を度外視した麻薬対策に批判的で、初顔合わせとなる会談で「適正な手続きと基本的な国際規範の順守」を求める考えだった。一方、ドゥテルテ氏は5日の記者会見で、米国の植民地支配を批判し、「誰も私に説教する権利はない」と反発していた。

 オバマ大統領は、任期最後となる今回のアジア歴訪をアジア太平洋の外交安保を重視するリバランス(再均衡)政策を総括するものと位置付けている。域内で膨張する中国への対応に苦慮する中、同盟国フィリピンとのぎくしゃくした関係はアジア戦略の不安要素になりかねない。(2016/09/06-07:49)

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース