2016年9月4日

フィリピン・テロ爆発 イスラム過激派が犯行声明、次のテロ示唆

フィリピン・テロ爆発 イスラム過激派が犯行声明、次のテロ示唆

フィリピン南部のダバオのテロ爆発事件で、犯行声明を出したイスラム過激派組織アブササヤフが「始まりに過ぎない」と次のテロを匂わせる声明を出しました。


フィリピン南部ダバオで爆発、14人以上死亡=イスラム過激派アブサヤフが犯行認める―ドゥテルテ大統領地元



ヤフーニュースより

<フィリピン爆発>過激派が犯行声明、次のテロ示唆

毎日新聞 9月3日(土)22時9分配信


【バンコク岩佐淳士】フィリピン南部ミンダナオ島の中心都市ダバオで2日夜に発生した爆発事件で、地元イスラム過激派組織アブサヤフの報道官が3日、犯行を認めたうえで「始まりに過ぎない」とさらなるテロの可能性を示唆した。ABS-CBNテレビ(電子版)が報じた。


 報道によると、アブサヤフ報道官は「我々が何者も恐れていないことを大統領に示した」と犯行を主張。ドゥテルテ大統領はアブサヤフの掃討作戦を強化しており、その報復とみられる。一方、ドゥテルテ氏は3日、警戒態勢を厳重化するための「無法状態宣言」を出した。

 爆発はダバオのナイトマーケットで発生。少なくとも14人が死亡し、71人が負傷した。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース