2016年9月23日

フィリピン イスラム過激派アブサヤフの影響で・・・東南アジア、アフリカに代わり海賊事件の最多発地域に―米紙

フィリピン イスラム過激派アブサヤフの影響で・・・東南アジア、アフリカに代わり海賊事件の最多発地域に―米紙

東南アジアがアフリカに変わり海賊事件の最多発生地域になってしまいました。

理由はアフリカ地域のソマリア周辺では多国籍部隊の活動により海賊事件の発生がなくなったのに対して、東南アジアではフィリピンのイスラム過激派アブサヤフが身代金目的の誘拐を多発しているからです。

フィリピン政府には厳正な対応が求められます。

しかし、フィリピン政府には取り締まるだけの装備があまりないんですよね・・・

もちろんこの統計には中国船による違法操業や海賊行為は含まれていません。

アブサヤフと誘拐された人達
http://www.cebutourkanko-optional.com/2016/04/27/post-1044/ より



レコードチャイナより
http://www.recordchina.co.jp/a150712.html

東南アジア、アフリカに代わり海賊事件の最多発地域に―米紙


2016年9月19日、環球時報によると、米紙ニューヨーク・タイムズは18日、東南アジアがアフリカに代わり海賊事件の最多発地域になっていると伝えた。



国際海事局(IMB)によると、昨年、東南アジアでは178件の海賊事件が発生したが、かつて同種の事件が頻発していたアデン湾とソマリア付近の海域では、多国籍部隊の活動により1件も起きていない。

東南アジアで起きる海賊事件の多くはフィリピンの過激派組織アブサヤフによるものだ。同組織は身代金目的の誘拐をしている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース