2016年9月15日

フィリピン・ドゥテルテ大統領米軍撤退要請にアメリカ反論「米軍特殊部隊駐留はフィリピンの要請だ」

フィリピン・ドゥテルテ大統領米軍撤退要請にアメリカ反論「米軍特殊部隊駐留はフィリピンの要請だ」

フィリピンのドゥテルテ大統領がフィリピン南部ミンダナオ島に展開しているアメリカ軍部隊の撤退を求めました。

この米軍部隊はイスラム武装勢力を掃討しているフィリピン国軍に情報・技術協力と兵士の訓練に協力しています。

この発言に対してアメリカ政府は反論をしています。

 アーネスト米大統領報道官は12日の記者会見で、フィリピンのドゥテルテ大統領が同国ミンダナオ島に常駐しているとされる米軍特殊部隊の退去を求めたことに関し「とっぴな発言を繰り返してきた人物なので驚かない」とする一方、米軍駐留はフィリピンの要請に基づいていると反論した。
 アーネスト氏は米国とフィリピンは多くの利害を共有しているとした上で、「大統領は残り任期において両国関係の推進に努める意向だ」と述べた。5月のフィリピン大統領選でドゥテルテ氏が当選して以降、米国との関係がぎくしゃくしていることを念頭に「フィリピンの人々は、選挙での選択がいかに大きな影響を与えるかを理解し始めている」と語った。
歴代のフィリピン政権はイスラム過激の掃討に苦戦して同時多発テロ後にアメリカに協力を申し込んだという流れがあります。
ドゥテルテ大統領の発言は本気なのでしょうか?


産経ニュースより

米、ドゥテルテ比大統領に反論 「米軍特殊部隊駐留はフィリピンの要請だ」


 アーネスト米大統領報道官は12日の記者会見で、フィリピンのドゥテルテ大統領が同国ミンダナオ島に常駐しているとされる米軍特殊部隊の退去を求めたことに関し「とっぴな発言を繰り返してきた人物なので驚かない」とする一方、米軍駐留はフィリピンの要請に基づいていると反論した。


 暴言でオバマ米大統領に6日の首脳会談を断られてからは、米国との距離を置くドゥテルテ氏の発言が相次いでいる。

 アーネスト氏は米国とフィリピンは多くの利害を共有しているとした上で、「大統領は残り任期において両国関係の推進に努める意向だ」と述べた。5月のフィリピン大統領選でドゥテルテ氏が当選して以降、米国との関係がぎくしゃくしていることを念頭に「フィリピンの人々は、選挙での選択がいかに大きな影響を与えるかを理解し始めている」と語った。(共同)

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース