2016年9月20日

ミャンマーの米低品質で高価格のため ASEAN市場に参入できず ミャンマー米協会発表

ミャンマーの米低品質で高価格のため ASEAN市場に参入できず ミャンマー米協会発表

ミャンマーのお米は価格と品質に問題があり、ASEANに輸出できていないそうです。

現在は80%のお米が中国へ密輸されているそうです。
フィリピンで流通しているお米も品質はそれほどよくないものが多いですが、それよりも品質が低いというミャンマー米はどれだけ品質が低いのでしょうか?
改善には長い時間がかかりそうです。
ミャンマー米協会は、価格と品質に問題があるため、ミャンマー産米がASEAN市場に参入できていないことを明らかにした。
 ミャンマー米協会のイェー・ミン・アウン事務総長は「価格、品質、輸送コスト、どれを取ってもタイやベトナムに対抗できない」とコメントした。ミャンマー産米は毎年100万~200万トン輸出されている。2015年度の米輸出高は140万トンで、そのうち80%が国境ゲートから中国へ輸出(中国側としては密輸)された。



MYANMAR JAPON ONLINE より

ミャンマー産米、ASEAN市場に参入できず

ミャンマー米協会は、価格と品質に問題があるため、ミャンマー産米がASEAN市場に参入できていないことを明らかにした。


 ミャンマー米協会のイェー・ミン・アウン事務総長は「価格、品質、輸送コスト、どれを取ってもタイやベトナムに対抗できない」とコメントした。ミャンマー産米は毎年100万~200万トン輸出されている。2015年度の米輸出高は140万トンで、そのうち80%が国境ゲートから中国へ輸出(中国側としては密輸)された。
 ASEAN諸国の中で、フィリピンやインドネシアは毎年数百万トンの米を輸入している。ミャンマー政府はこれらの国に対して直接ミャンマー米を売り込んでいるが、輸出困難な状況が続いている。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース