2016年9月20日

シンガポール全土でジカ熱流行の加速 罹患258人に

シンガポール全土でジカ熱流行の加速 罹患258人に

シンガポールでジカ熱の流行が加速しています。

シンガポールでジカウイルスの感染者が5日までに258人に増えたことが分かった。感染者はこれまで一部地区に集中していたが、保健当局は今後ほかの地区にも広がっていく恐れがあると警鐘を鳴らしている。
 保健省と国家環境庁は同日の共同声明で、感染者が新たに16人確認されたと発表。このうち4人について、これに先立って感染者が出ていた地区と関連がないことも明らかにした。


AFP BB NEWSより
http://www.afpbb.com/articles/-/3099894?cx_part=popin

ジカ熱、シンガポール全土で流行の恐れ 罹患258人に


【9月6日 AFP】シンガポールでジカウイルスの感染者が5日までに258人に増えたことが分かった。感染者はこれまで一部地区に集中していたが、保健当局は今後ほかの地区にも広がっていく恐れがあると警鐘を鳴らしている。


 保健省と国家環境庁は同日の共同声明で、感染者が新たに16人確認されたと発表。このうち4人について、これに先立って感染者が出ていた地区と関連がないことも明らかにした。
 国内の感染者はこれまで、郊外の隣接するアルジュニード(Aljunied)、パヤ・レバー(Paya Lebar)両地区に集中していた。声明では「ネッタイシマカが国内に生息していることを考慮すれば、時間の経過とともに感染者の発生地は増えていくことが予想される」との見解を示した。
 ジカ熱はデング熱と同じく、ネッタイシマカの媒介で感染が広がることから、両機関はジカ熱に関してデング熱と同様の方法で対応策を調整していく考えだ。
 保健省はまた、ジカ熱患者の隔離措置について、「効果が限定的」だとして今後は行わない方針も明らかにした。(c)AFP

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース