2016年9月15日

フィリピン大統領“暴言”わずか1日で撤回 閣僚が火消しに躍起 防衛相、米特殊部隊は残留と修正

フィリピン大統領“暴言”わずか1日で撤回 閣僚が火消しに躍起 防衛相、米特殊部隊は残留と修正

フィリピンのドゥテルテ大統領がアメリカ軍部隊にフィリピン南部ミンダナオから撤退要求をしましたが、わずか1日で閣僚が大統領の発言を訂正しました。

フィリピン・ドゥテルテ大統領米軍撤退要請にアメリカ反論「米軍特殊部隊駐留はフィリピンの要請だ」

 フィリピンのロレンザーナ国防相は14日、同国のドゥテルテ大統領が国外退去を求めた南部ミンダナオ島に常駐する米軍特殊部隊について、残留することに なると述べた。大統領の場当たり的な発言を部下の閣僚らが修正するという事態が相次いでおり、フィリピンの外交政策の混乱が続いている。
閣僚は大変ですね・・


産経ニュースより

フィリピン大統領“暴言” 閣僚が火消しに躍起 防衛相、米特殊部隊は残留と修正

 フィリピンのロレンザーナ国防相は14日、同国のドゥテルテ大統領が国外退去を求めた南部ミンダナオ島に常駐する米軍特殊部隊について、残留することになると述べた。大統領の場当たり的な発言を部下の閣僚らが修正するという事態が相次いでおり、フィリピンの外交政策の混乱が続いている。

 ロレンザーナ氏は下院での予算審議で、米軍特殊部隊はミンダナオ島西部サンボアンガのフィリピン軍基地に駐留し数年前には約600人が展開していたが、現在は107人と明らかにした。部隊は無人偵察機を使ってイスラム過激派の拠点を偵察したり、フィリピン軍部隊の訓練・教育を行ったりしているという。
 ドゥテルテ氏は8月、フィリピンでの警官による麻薬犯罪容疑者殺害の激増を非難した国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)に反発して国連脱退に言及したが、ヤサイ外相が数時間後に脱退意思を否定。大統領の発言が物議を醸した後、閣僚や報道官が火消しに走ることが常態化している。(共同)

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース