2016年7月9日

《動画》フィリピンパブ 集団偽装結婚7人逮捕 主導の男がマニラで自主・逮捕

《動画》フィリピンパブ 集団偽装結婚7人逮捕 主導の男がマニラで自主・逮捕

フィリピンパブのオーナーがフィリピン人女性を働かせるために偽装結婚を主導したとして逮捕されました。
現在までに7組の偽装結婚が摘発されているとの事です。

 三留容疑者はフィリピンでスカウトした女性を、自分が経営する神奈川県川崎市のフィリピンパブでホステスとして働かせるために、日本人男性と偽装結婚させたとみられていて、これまでに7組が摘発されている。
 三留容疑者は、ホステスらが摘発されたことでフィリピンに逃亡していたが、先月30日に現地の日本大使館に出頭していた。調べに対し三留容疑者は容疑を認めているという。
現在福島地域以外のフィリピンパブではフィリピン女性の興行ビザがとても取得しずらい状況との事です。
フィリピンパブはフィリピン女性がいないと経営が成り立ちません、そのためにお店の経営をし続けるために偽装結婚という手段に手を染めてしまうケースが多いようです。

違法なビザ取得はもちろん犯罪です。


フィリピンパブ集団偽装結婚 主導の男逮捕




日テレNEWS24より

フィリピンパブ集団偽装結婚 主導の男逮捕

フィリピンパブを舞台にした、集団偽装結婚を主導していたとみられる男が逮捕された。



 電磁的公正証書原本不実記録同供用の疑いで逮捕された元フィリピンパブ経営者の三留孝太郎容疑者(39)は、2014年8月、フィリピン人女性に在留資格をとらせるため、日本人の男性会社員と偽装結婚させようとウソの婚姻届を役所に提出させた疑いがもたれている。

 三留容疑者はフィリピンでスカウトした女性を、自分が経営する神奈川県川崎市のフィリピンパブでホステスとして働かせるために、日本人男性と偽装結婚させたとみられていて、これまでに7組が摘発されている。

 三留容疑者は、ホステスらが摘発されたことでフィリピンに逃亡していたが、先月30日に現地の日本大使館に出頭していた。調べに対し三留容疑者は容疑を認めているという。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース