2016年7月12日

中国敗訴!!国際司法裁判所 中国の南シナ海侵略を否定 「歴史的権利なし」と判断 フィリピンの主張を認める

国際司法裁判所 中国の南シナ海侵略を否定 「歴史的権利なし」と判断 フィリピンの主張を認める

フィリピンが中国の南シナ海の侵略に対して国連海洋法条約違反などとして国際司法裁判所に訴えていた仲裁裁判の判断が降りました。

国際司法裁判所は中国の主張する南シナ海の「九段線」について国際法上の根拠は認められないとして中国の主張を退けました。

今後、中国がどのような対応を行うかが注目を集めます。

http://knowledge-walker.com/南シナ海の領有権問題
%E3%80%80中国が根拠とする「九段 より



産経ニュースより
http://www.sankei.com/world/news/160712/wor1607120031-n1.html

中国の南シナ海支配を否定 仲裁裁判所「歴史的権利なし」と判断

南シナ海をめぐる中国の主張や行動は国連海洋法条約違反などとしてフィリピンが申し立てた仲裁手続きで、オランダ・ハーグの仲裁裁判所は12日、中国が「歴史的権利」として主張する「九段線」について国際法上の根拠は認められないとの裁定を公表した。南シナ海のほぼ全域の主権を主張して強引に進出する中国に対し、初めて国際司法の判断が下された。


 裁定は、南シナ海で実効支配の拡大を目指す中国側の主張を損なう内容。中国は一貫して裁定を無視する姿勢で、罰則など強制的に裁定に従わせる手段はないが、国際社会が司法判断の尊重を求める圧力を高めるのは必至。中国の立場は苦しくなる一方、南シナ海情勢は一段と緊迫化する可能性がある。

 中国が「歴史的権利」として南シナ海のほぼ全域を取り囲む形で主張する「九段線」については、仲裁裁判所は管轄権を留保していたが、今回の裁定で、中国の主張は認められなかった。



今回の仲裁は2013年1月、フィリピンの申し立てを受けて開始。中国は参加を拒否したが、仲裁裁判所は昨年10月、15項目の訴えのうち7項目で管轄を認め、同11月に中国抜きで口頭弁論を開いていた。
 仲裁は海洋法条約で海洋紛争を解決する手段の一つとして指定されており、全当事者が受け入れなくても手続きを進めることができる。裁定は最終的な判断のため、上訴はできない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース