2016年6月14日

川崎のフィリピンパブで偽装結婚が発覚 フィリピン人ら逮捕 日本人経営者に逮捕状

川崎のフィリピンパブで偽装結婚が発覚 フィリピン人ら逮捕 日本人経営者に逮捕状

日本の川崎でフィリピンパブと思われる店舗でフィリピン人女性を働かせるために偽装結婚をさせていた事が発覚しました。


偽装結婚の舞台となったフィリピンパブ



NHKニュースより

偽装結婚容疑でフィリピン人ら逮捕 日本人経営者に逮捕状

川崎市の飲食店で働くフィリピン人の20代の女と日本人の40代の男が偽装結婚をしていたとして逮捕されました。この飲食店ではこれまでに6組の男女が偽装結婚の疑いで摘発され、警察は、経営者の30代の日本人が違法に働かせる目的で偽装結婚を指示していたとみて逮捕状を取り、行方を捜査しています。




逮捕されたのは、川崎市の飲食店「XOXO」の従業員でフィリピン人のミヤケ・ジニエル容疑者(22)と三宅渡容疑者(46)です。

警察の調べによりますと、2人はおととし1月、川崎市内の区役所にフィリピンでの婚姻証書などを提出し国内でも夫婦であるように偽装したとして、電磁的公正証書原本不実記録などの疑いが持たれています。

警察の調べに対し、三宅容疑者は容疑を認め、ジニエル容疑者は容疑を否認しているということです。

警察によりますと、この飲食店ではこれまでに、フィリピン人と日本人6組12人の男女が偽装結婚したとして摘発されています。一部の男らは「経営者にフィリピンに行くよう指示され、日本で働かせる目的でフィリピン人と偽装結婚するよう持ちかけられた」と供述しているということです。

警察は、経営者の39歳の日本人の男が、違法に働かせる目的で偽装結婚を指示していたとみて逮捕状を取り、行方を捜査しています。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース