2016年5月7日

5月9日月曜日はフィリピン大統領選挙 日本大使館からの注意

5月9日月曜日はフィリピン大統領選挙 日本大使館からの注意

5月9日はフィリピンの大統領選挙日です。
当日はフィリピン全国で公休日にとなります。



選挙の前日からアルコールの販売が禁止(外国人に対してホテル等では可)になるなど
日本人に対しても影響があります。

選挙当日は投票所近くで殺人等の事件が発生することもありますので、
できるかぎり投票所には近づかないほうがいいようです。


マカティで暮らすさんが日本大使館からの注意事項をまとめてくれていますので
紹介させていただきますね。



マカティで暮らすより

大統領選挙前後のいろんな規制


フィリピンの大統領選挙、国政選挙などの投票日である5月9日が迫ってきました。それに伴い、5月9日は全国公休日なります。3月末に、日本大使館から大統領選挙に向けて注意喚起の通報がありました。趣旨は選挙の前はいろいろなことがあるので、気を付けてくださいというもので、参考情報として様々な禁止事項が記載されていました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【参考】投票日前日・当日のフィリピン当局による禁止事項等
前日:選挙運動,アルコール類の販売・提供・飲用,無料送迎・飲食,金品贈収
当日:(前日の禁止事項に加え)複数回投票や代理投票,投票所の半径30m以内での選挙絡みでの政治活動や露天売買,市場,闘鶏,ボクシング,競馬等の開催
このほか,選挙期間中の禁止事項などについては,以下のアドレスから確認できます。
http://pnp.gov.ph/portal/images/election2016/Legal%20Advisory.pdf
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
実際には、規制事項はここに書いてあるだけではなく、1月から6月までは(一部の例外を除き)銃器類の携帯が禁止、とかもあります。選挙にかかわる買収行為の禁止、酒類の販売の禁止、などはほかの国でもある規制ですが、フィリピンでは銃器の携帯が法律で認められているが故の規制のようです。聞くところによると、前回の選挙では選挙に関係したと思われる事件のよる死者が200人を超えたそうなので、しかるべき規制なのでしょう。
私にとっては、週末前にビールの買い込みをして、週末は外出を控える、というのがこのメッセージの意味するところだと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

スポンサーリンク

日本とアジアのニュース